大きくなる毎に撮影すると経過がわかって素敵です

挑戦する人が増えているマタニティフォトですが、おそらくまだ大抵の人は妊娠中の写真を一枚だけ撮っておいたというものではないでしょうか。もちろん一枚だけでも記念としては十分に価値がありますが、やはり妊娠による体の変化や、赤ちゃんを待ち望む気持ちを残すのであれば、毎月撮影してお腹が大きくなっていく経過を残しておくと素敵です。

おすすめしたいのは、毎月同じ洋服で同じアングルで撮影していくという方法です。お腹の変化を分かりやすくするには横向きの写真が一番分かりやすいのではないでしょうか。最初はまだ膨らんでいるかどうかもよくわかならい状態ですが、時の経過とともに大きなお腹のあなたが写っています。そして最後には生まれたばかりの赤ちゃんを抱っこしてやはり同じポーズをとるあなたが写っています。その写真を並べたときに、そこにはストーリーが生まれてくるのです。

一枚きりの写真であればポーズや洋服、演出にこだわるのも素敵ですが、毎月の経過を残すのであればやはりストーリー性が一番のポイントです。だからこそあまり肩肘を張ることなく、いつも通りの自分を撮ってもらいやすいというのも嬉しいところです。立って横をむいているだけ…それなら写真が苦手な人であってもマタニティフォトに挑戦しやすいのではないでしょうか。

もちろん自分で撮ることもできるかもしれませんが、やはり写真館で撮ってもらうと仕上がりが違います。たとえば自宅で撮るとなると背後にある家具や雑貨から日常感がでてしまい、複数枚を並べたときにゴチャゴチャしてしまいがちです。また明るさが微妙に違ってきたり、角度が違ったりという失敗もありがちです。実は並べたときにストーリー性を作り出すには、背景や明るさに余分な意識がいかないように気を配ると仕上がり具合が違います。そうなってくるとやはり写真館の背景や、照明器具が必要になってきます。

もちろんこの方法にこだわってマタニティフォトを作成する必要はありません。しかしながら、どうせ撮るなら単なるスナップ写真ではなく、アート性のあるマタニティフォトを撮りたいと思う人は多いのではないでしょうか。

ちなみに赤ちゃんが誕生してからも、マタニティフォトを撮ってもらった写真館で折々の記念日の撮影をしてもらうのも素敵です。あなたの赤ちゃんを生まれる前から撮り続けてくれるフォトグラファーがいるというのは、何とも言えないくらい素敵で贅沢なことだと思いませんか?

Category: archive